塗装やDIYを楽しみ家の中や外の雰囲気を一気に変える

家具を自分で作るために必要な知識を身につけよう

自分でやる

自分でやってみることの楽しさとお得さ

最近DIYを行う人がとても増えてきています。 DIY女子という言葉が生まれているほどです。 小さいものから大きな家具までホームセンターなどで材料を調達して加工したり塗装して作っていくことに楽しみを見出す人がとても増えてきていると思います。 すでにある家具を塗装するだけでも雰囲気は大きく変わります。 また、DIYの楽しみは自分で好きなようにできるのもそうですが、業者にやってもらうより安く済むのもメリットですね。 塗装には塗料や刷毛が必要ですが、一度買ってしまえばいろんなものに使えます。 工夫によっては100円均一やコンビニでのプリンターで行う人もいるため、大きくお金をかけずにDIYできます。 ネットや雑誌でも塗装の仕方が書いてあるので調べてみるのもいいかもしれません。

いつからDIYが生まれたのか

DIYは石器時代や縄文時代など道具がなかった時代に何でも自分でやってみるというところか生まれているのかもしれません。 またアメリカの開拓時代においては何もなかった土地に丸太を切って小屋を建てるといった生活のために行っていた側面があったといえます。 しかし現在のDIYはそうした生活のためにというよりは趣味や余暇の楽しみといった側面があるのではないでしょうか。日曜大工という言葉がありますが、これも父親が余暇に行う娯楽のような意味合いがあると思います。 この起源はヨーロッパの第2次世界大戦後の住宅復興運動に由来しています。 イギリスでDo It Yourselfという住宅の修理修繕に関する情報誌が生まれ、そうした需要に答えるようにしてアメリカでホームセンターが誕生しました。 それが日本にやってきて時代と共に大工さんだけでなく誰でも使えるようなモノやサービスを提供したことで今日のブームが起きています。 いろんなメディアで取り上げられていますので簡単なものからぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2015 塗装やDIYを楽しみ家の中や外の雰囲気を一気に変える All Rights Reserved.