塗装やDIYを楽しみ家の中や外の雰囲気を一気に変える

家具を自分で作るために必要な知識を身につけよう

照明の種類

水銀灯は今すぐLEDに変更する検討をしたほうがいい

水銀灯は昭和の時代から私たちの街を照らし続けてきてくれましたが、節電が必要な現在はLED照明に変わりつつあります。 LED照明は水銀灯に比べると導入費用が高めでしたが、最近は10年もせずにLED照明の方が水銀灯のコストよりも安くなる場合も増えてきました。 町内会で管理している街灯に水銀灯が使われている場合、これをLED照明に変更する場合には行政の補助政策が利用できる場合があります。 また一般的に水銀灯よりもLED照明の方が軽量なので、地震などの災害時に落下の危険性が減るという利点もあります。 さらに価格にもよりますが街灯もより明るくなる場合が多いです。 夜間の明るさは犯罪の防止にも役立つと言われています。 相場のことを気にするよりも、早めの導入で行政の補助政策を利用した方が良いでしょう。

水銀灯をLED照明に変更する町内会が増えています

国内の水銀灯は道路での照明でもよく見かけるLED照明にどんどん切り替わってきています。 これはLED照明の価格が下降傾向にあることで、金額的に水銀灯のリプレースメントをしても十分なメリットがあることが一般に認知されてきたからです。 LED照明自体の値段は確かにまだ高いですが、圧倒的な省エネ性能で電気代が少なくてすみます。 行政の後押しもあって、町内会の管理する水銀灯の街灯をLED照明に変更するところが増えています。 電気代の削減を街灯の増加に結びつけることも可能です。 電気代だけでなく、LED照明の寿命が長いこともメンテナンス費用の削減となります。 道が暗いと若い人は怖がってその地域に住みたがりません。 地域の活気を保つためにも水銀灯からの変更を検討すべきです。

Copyright © 2015 塗装やDIYを楽しみ家の中や外の雰囲気を一気に変える All Rights Reserved.