塗装やDIYを楽しみ家の中や外の雰囲気を一気に変える

家具を自分で作るために必要な知識を身につけよう

ピックアップ

自分でやる

DIYは自分で加工や塗装を行うことです。業者に頼むより安く済ませることが出来る他、趣味や余暇の楽しみの1つとして取り組んでいる人もいます。ホームセンター等では塗装や木材等様々なものが売られています。

バランスのいい照明

コイズミ照明は価格とデザイン性のバランスがとても良く、ホームセンターや家電量販店で購入することが可能です。リーズナブルに商品を購入することができるので、住宅の新築時や改装時にまとめて購入する人もいます。

カーテンを作る

カーテンは引越し等でサイズに合わなくなり、使えなくなるというものもあります。事前に少し丈の長いカーテンを購入し、裾上げして使うという方法でサイズが多少変わっても使えるようにしていることがあります。

絵画を彩る

アートフレームはイラストや写真に使用できるフレームで様々な種類があります。絵を描くことが好きな人にプレゼントとしてアートフレームを贈るという人がたくさんいます。素材や芸術性が高い物も多く売っています。

照明の種類

照明は様々なものがありますが、現在は水銀灯からLEDに変更するという流れが多くあります。LEDは、寿命も長く、明るい光を作ることができる利点があります。様々なメリットがあります。

DIYの楽しさ

お洒落なモダン家具の満足度を知りたいと思うなら、こちらの専用ランキングをチェックしましょう。多くの人から満足されている家具が分かります。

DIYを簡単に楽しむ秘訣。

近年、DIYが話題となっています。 そもそも、DIYとは「Do it yourself(ドゥ イット ユアセルフ)」の略です。 専門業者にお金を払って何かをしてもらうのではなく、自分でやってみようとい考えのもと、物作りや家の改修や修繕を行うことです。 その中でも、塗装は手軽にイメージを変えられるということで、人気となっています。 塗装とは、材料の表面を塗料で覆う表面処理です。 一般的には、装飾や保護、防錆などを目的にするものですが、近年のDIYではイメージチェンジや、アレンジのために塗装されるケースが多いようです。 市販されている木製の家具などを、好みの色に塗り替えたり、ニスを塗ったりするだけで、手軽にイメージが変わるということで、人気です。

塗装する際に工夫すること。

塗装する際の塗料にも、様々な種類があるため、用途によって使い分けることが大切です。 例えば、防錆用、対候性に優れた物や、装飾性に優れ、発色や光沢がよく仕上がるもの、艶があるもの、無いものなど、用途に合ったものを選ぶことができます。 塗る道具も、はけや筆、ローラーなど、塗る面の広さなどによって、使い分けることができます。 数色を塗りたい時には、色の境目にマスキングテープを貼ることで、混ざることなく色を塗り分けることができます。 また、色を長持ちするための重ね塗りの方法は、何度も同じ方向に塗るのではなく、1回目に塗った方向と直角に塗ると、塗斑を防ぐことができ、きれいな仕上がりになります。 このような、少しずつの工夫により、DIYを楽しみながら、きれいな仕上がりになります。

Copyright © 2015 塗装やDIYを楽しみ家の中や外の雰囲気を一気に変える All Rights Reserved.